ここから本文です

日本ハム・大谷翔平が代打で80日ぶり出場、空振り三振 変化球にフルスイング

6/27(火) 20:09配信

デイリースポーツ

 「ソフトバンク-日本ハム」(27日、ヤフオクドーム)

 4月8日に左太もも裏を肉離れし公式戦から遠ざかっていた日本ハムの大谷翔平投手が八回、代打で負傷した試合以来80日ぶりとなる出場を果たした。

 0-6と大差の中、八回の先頭打者として、大野の代打で打席に入った。ソフトバンク2番手・岡本と対峙(たいじ)したが、カウント2-2から5球目のチェンジアップにバットが空を切り、復帰初打席は空振り三振に倒れた。

 大谷は4月8日のオリックス戦で、一塁を駆け抜けた際に違和感を覚え、途中交代。左太もも裏の肉離れで、その後は2軍でのリハビリが続いていた。20日に1軍練習に合流し、23日の楽天戦から1軍に昇格して代打待機をしていたが、楽天3連戦では出場機会が無かった。

 試合前、栗山監督は大谷の試合起用について「今日は行くよ。こっちはいろいろと意図を持ってやっている」と話していた。

 大谷は今季の球宴で、パの指名打者部門でファン投票で選出された。