ここから本文です

徳光正行アナ、父親にお金盗まれた?「そういう人が24時間テレビの司会をやるんです」

6/27(火) 18:12配信

スポーツ報知

 フリーアナ・徳光和夫氏(76)の息子で自身もフリーアナの徳光正行アナ(45)が27日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)に出演。父・和夫氏にお金を盗まれた過去を暴走気味に明かした。

 徳光アナは「父親との一番の思いでは、僕の実家の引き出しの2番目に入っていたお金を盗まれていたことですかね。和夫さんに」とまさかのエピソードを話し始めると、出演者はみんな目が点に。

 さらに「あの人、ギャンブルがすごく好きで、月額が決められてるわけですよ。そうすると、(足りなくなった時に)どうするかというと、息子たちの引き出しを空ける習慣がありまして。僕、お年玉を当時ずっとためて入れていたんですけど、それを取って…」と続け、「僕もケチなもんで。使った額を書いてあるんで、足りなかったから母親に言って…そうしたら父親が帰宅後に母親が問いつめたら、『俺がそんな事するわけないだろ。息子の金なんか取るものか』ってちょっと言い争いになったとき、『セコム呼ぼうじゃないか』って僕が言ったんです。そうしたら母親が、父親の首根っこをつかんで寝室の方に行って、盗んだ20万なんですかね? それを僕に渡すわけですよ。その時の言い訳なんだと思います? 『お前が気の毒だから20万渡すけど、俺は一生お前のお金は取らないし、一度も取ったことがない』って捨てゼリフで渡してきました」と赤裸々に打ち明けた。

 さらに徳光アナは「そういう人が24時間テレビの司会をやるんです」と暴走。これには北斗晶(49)に「お前、これ生放送だぞ。バカたれが」とツッコまれていた。

最終更新:6/27(火) 19:31
スポーツ報知