ここから本文です

中日・鈴木翔太が故郷に錦の4勝目!地元浜松で6回1/3を1失点

6/27(火) 21:28配信

デイリースポーツ

 「中日3-1阪神」(27日、浜松球場)

 中日は地元・浜松市出身の鈴木翔太投手が先発し、6回1/3を1失点で切り抜け4勝目で故郷に錦を飾った。

 六回までは初回の上本の単打と三回に糸原に浴びた二塁打の2安打のみ。阪神打線を抑えていたが、七回に梅野への二塁打、続く俊介に四球を出したところで降板した。「後ろのピッチャーを信じて見ていました」と振り返った鈴木は地元のファンへの思いを訪ねられると「最後まで応援、ありがとうございました」と語ったところで言葉を詰まらせた。

 目にはみるみる涙が浮かび、数秒間沈黙した後で、震える声で「今まで、本当に何もできなかったので、今年は何としても結果を残そうと思ってキャンプからやってきました。こうして浜松で投げさせてもらって。少しでも成長した姿を見せられたと思います」と思いを吐き出した。

 13年のドラフト1位。聖隷クリストファー高から入団し、昨季までは勝ち星はなかった。3勝を挙げて臨んだ凱旋登板で、結果を残し「まだまだもっとこれから活躍して、もっと恩返しができるようにこれからも頑張っていきたいです」と誓った。

スポーツナビ 野球情報