ここから本文です

J23歳以下対象に「タグ・ホイヤー ヤングガン アワード」創設!香川「価値のあるものに」

6/27(火) 18:44配信

スポーツ報知

 Jリーグのトップパートナーを務めるタグ・ホイヤー社が27日、東京都内で「タグ・ホイヤー ヤングガン アワード キックオフイベント」を開催。日本代表MF香川真司(ドルトムント)、元日本代表DF中沢佑二(横浜M)、元同代表FW中山雅史(沼津)がスペシャルゲストとして参加した。

 同イベントはタグ・ホイヤー社がJリーグの次世代を担う若い選手層の育成・今後のJリーグの発展を目的にJ1、J2、J3のクラブに所属の満23歳以下の選手(1994年4月2日以降の出生選手)から11人を選出し、表彰するもの。サッカーに詳しい有識者などを中心に11月に30人に受賞者を絞り、そこから一般投票をへて12月に表彰という運びとなる。

 香川は「この賞を価値のあるものにするために、選手がそえを背負っていけるように、1つのモチベーションにして欲しい」。中沢は「若い時はいろんな苦い経験をしておくべき」と若い世代にアドバイスを送った。

 中山は「Jリーグ人気がもっと盛り上がって欲しい。もっとサッカーに関心を持って欲しい。Jで活躍して波を高めて欲しい。海外にいくのは僕ぐらいでいいんですよ(笑)」とイベントを盛り上げた。

最終更新:6/27(火) 18:44
スポーツ報知