ここから本文です

巨人・長野、決勝弾&猛打賞 打撃急上昇も「まだまだ盛り返さないと」

6/27(火) 22:01配信

デイリースポーツ

 「ヤクルト3-4巨人」(27日、荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた)

 巨人が1番・長野の大活躍でヤクルトに競り勝った。

 1点リードの五回、この日2本目となる安打で出塁すると、坂本の右前打で3点目のホームを踏んだ。さらに、同点で迎えた七回には2死無走者から、ヤクルト・2番手の石山のストレートをはじき返して、右翼席へ決勝の3号ソロを放った。

 長野は試合後、決勝アーチを振り返り、「思い切って打とうと思って打席に入りました」と話した。2死無走者での打席、おまけにそれほど広くない地方球場とあって、本塁打を意識したかを問われると、「風が吹いてたんで、上がったら入るかなと思ってました」と明かした。

 この日は猛打賞もマーク。シーズン序盤は極度の打撃不振にあえいだものの、ここに来て調子も急上昇カーブを描き、打率も・279まで上げてきた。「最初の方で打ててない分があるので、まだまだ盛り返さないといけないと思ってます」と、さらなる巻き返しを誓った。