ここから本文です

【オリックス】「はるか夢球場」で3時間練習 福良監督「球場きれい」

6/27(火) 19:56配信

スポーツ報知

 オリックスが27日、弘前の「はるか夢球場」で練習した。28日に楽天戦を行う同球場は、5月にリニューアルオープンしたばかり。ナインは新しい球場で約3時間、打撃練習などで汗を流した。バックに青森県の最高峰・岩木山を望みながらノックなどを行った福良監督は「楽しみ。球場もきれいですね。勝てるように頑張ってもらいたい」と試合を心待ちにした。

 青森県内で1軍の公式戦が開催されるのは1988年7月17日のヤクルト・広島戦(青森県営)以来、29年ぶり。弘前市運動公園内にある「はるか夢球場」は、岩木山をモチーフにした三角形のメインスタンドなど、ご当地感にあふれる球場になっている。売り出し中の5年目の武田も「好きな感じの球場です」と笑顔を見せた。

 この日はオリックスだけが同球場で練習を行ったが、選手を一目見ようと球場の周辺にはファンも集結。久しぶりの青森でのプロ野球開催への盛り上がりを感じさせた。

最終更新:6/30(金) 7:36
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 0:05