ここから本文です

【DeNA】高城、2打数無安打で4試合連続三塁打のプロ野球タイ記録ならず

6/27(火) 23:11配信

スポーツ報知

◆DeNA3―4広島(27日・横浜)

 4試合連続三塁打のプロ野球タイ記録に王手をかけていたDeNA・高城俊人捕手(24)は「7番・捕手」で先発出場したが、2打数無安打で途中交代。1960年に巨人・長嶋茂雄が作った記録に肩を並べることはできなかった。

 週に1度程度しか出場しない控え捕手ながら、5月30日の日本ハム戦(札幌D)、6月6日の楽天戦(山形)、同14日のロッテ戦(横浜)と3試合連続で三塁打を記録。8試合ぶりの出場となったこの日、1―1で迎えた2回1死での第1打席は右飛。2―2で迎えた4回2死での第2打席は左飛に倒れた。1点をリードした6回2死走者なしで迎えた打席では代打を送られた。

 高城は「左飛も外のカットボールを狙っていて、内のシュートに反応して打ててたし、ボールは見えてたんですけど…」と悔しげ。「(第3打席以降に)打てると思ったんですけど、仕方ないです」と気持ちを切り替えていた。

最終更新:6/27(火) 23:14
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 10:45