ここから本文です

DAOKO×米津玄師、アニメ映画「打ち上げ花火―」で主題歌

6/28(水) 5:02配信

スポーツ報知

 歌手のDAOKO(20)、シンガー・ソングライターの米津玄師(けんし、26)が、「DAOKO×米津玄師」としてアニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」(8月18日公開)の主題歌「打上花火」(同16日発売)を歌うことが27日、決まった。

 米津は初のアニメ主題歌で、作詞、作曲、プロデュースを担当。夕暮れから花火が上がるまでの情景、切ない恋心を歌い上げる壮大なバラードに仕上げた。

 DAOKOは映画「渇き。」(14年)の挿入歌を務めた若手ホープ。歌声だけでなく、印象的なビジュアルでクリエイターの注目度も高い。「遠くに見える大きな入道雲、夕焼けのオレンジが反射してきらきらとしている水面(みなも)、波の音がやまない渚(なぎさ)を男の子と女の子が歩いている情景を浮かべながら歌いました」とコメント。米津は「原作が好きでした。夏のひとときの切なさを表現できればと思い、作り始めました。DAOKOさんの歌声と相まって、とてもいいものになった」と自信を見せた。DAOKOは挿入歌「Forever Friends」も担当する。

最終更新:6/28(水) 5:03
スポーツ報知