ここから本文です

尾上右近、3回目の自主公演に手応え「どのタイミングで大劇場でできるか」

6/28(水) 7:03配信

スポーツ報知

 歌舞伎俳優・尾上右近(25)が27日、都内で自主公演「研の會」(8月27、28日、東京・国立劇場小劇場)の取材会を行った。

 2015年にスタートし、今年で3回目。「神霊矢口渡」「羽根の禿(かむろ)」「供奴」を上演。「自主公演での大役を通じ、自分の演技を客観的に見られるようになった」と手応えを語る。

 過去2回はいずれも満員の人気ぶり。10回目まで続けることが目標だ。「どのタイミングで(国立の)大劇場でできるか。僕の会ならではのものにしたい」と意気込んでいる。

最終更新:6/28(水) 7:03
スポーツ報知