ここから本文です

「伊藤さんがいる安心感」相楽樹、「とと姉ちゃん」で夫婦役・伊藤淳史とまた共演…日テレ系「脳にスマホが埋められた!」

6/28(水) 5:00配信

スポーツ報知

 女優の相楽樹(22)が、伊藤淳史(33)主演の日本テレビ系「脳にスマホが埋められた!」(7月6日スタート、木曜・後11時59分)の第2話(13日放送)にゲスト出演することが27日、決まった。

 NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(16年)で夫婦役の2人が、同作以来の共演。朝ドラ後も出演者で食事に行くなどしていただけあって、撮影中の息もピッタリだった。相楽は「伊藤さんがいる安心感で、他の現場よりもリラックスして入れた」。伊藤も「短いスパンで、またご一緒できるのはうれしい。長い間現場が一緒だったので、余計な気遣いをせず、お芝居に集中できてありがたい」と感謝した。

 同ドラマは放送作家・鈴木おさむ氏が企画を務める一話完結型のSFヒューマン。ある日突然、脳がスマホのようになったアパレル会社のサラリーマン・折茂圭太(伊藤)が主人公。視界にはスマホと同じ画面が現れ、他人のメッセージまで見ることが可能に。この能力で社内外のトラブルに巻き込まれていくが、結果的に人助けをすることにもなる―。

 相楽が演じたのは、折茂の大阪の店舗勤務時代の部下・相馬美羽。折茂に対して積極的にアプローチする役どころに「かなり小悪魔な部分もある。転がしてみたり、甘えたり、この間まで夫婦役だった2人で、この設定を真剣に演じているのが不思議な感覚だった」と照れ笑い。「振り切れてやれたのでとても楽しかったです」とコメントした。

 伊藤も「良い意味で前回を思い出させたりしない設定だったので、逆にやりやすかった。互いにフラットな状態から演じることができたと思う」と振り返った。

最終更新:6/28(水) 5:02
スポーツ報知