ここから本文です

39歳・中澤佑二、引退ほのめかす… 先輩・ゴン中山「まだあと10年できる」

6/27(火) 16:55配信

オリコン

 サッカー日本代表の香川真司選手(28)、元代表の中澤佑二選手(39)、中山雅史選手(49)が27日、都内で行われた『タグ・ホイヤー ヤングガン アワード』のキックオフイベントに出席した。

【写真】先日のシリア戦で負傷していた香川真司

 トークショーの中で、来年40歳の節目を迎える中澤選手は「そろそろ現役は厳しいかなと。引退するまでの一分一秒大事に過ごしていきたい」とポツリ。その言葉に先輩の中山選手が「まだあと10年はできるでしょ」と期待を寄せると「50歳になってプレーできるのは中山さんとカズさん(三浦知良)しかいないですよ」と笑っていた。

 報道陣の取材に対応した際にも中山選手は、中澤選手の発言を引き合いに「そういうこと(現役引退)を口にしちゃダメ。口にするとそっちに流れちゃう。若手には負けない気持ちをグラウンドで出してほしいし、佑二にはもっともっと頑張ってもらいたい」とエール。熱い言葉に中澤選手は「ありがとうございます」と感謝し、頭を下げていた。

 先輩2人と軽快なトークを展開した香川選手は「2人とも本当にレジェンドですし、長い間に結果を残された方。人としてもプロフェッショナルですし、僕も長い間、サッカーをしていきたい」と刺激を受けた様子。先日のシリア戦で負傷し「左肩関節前方脱臼」と診断されていたが「これから本格的にリハビリをはじめる。来シーズンには全く問題ない」と明かした。

 同アワードは、Jリーグの次世代を担う若い選手の育成と、今後のリーグ発展を目的として設立。J1、J2、J3のクラブに所属する23歳以下の選手を大賞に一般投票を実施し、12月に11人をベストイレブンを表彰する。

最終更新:6/27(火) 17:10
オリコン