ここから本文です

深津絵里、ビートたけし、西村まさ彦…実は“改名していた”有名俳優たち

6/27(火) 7:10配信

dmenu映画

現在公開中の映画『家族はつらいよ2』に出演している西村雅彦が、西村まさ彦に改名しました。同時期に、俳優の真剣佑も新田真剣佑(あらた・まっけんゆう)に改名し、所属事務所を移籍。子役として活躍していた吉田里琴も吉川愛と改名し、2016年4月の芸能界引退から、心機一転の再デビューを果たしています。

【画像】今後の目標を語る のん

今回は、実は過去に改名をしていた有名俳優たちをピックアップ。その意外な理由についても紹介します!

未だに前事務所には能年玲奈の名が…のん

近年の芸能人の改名の中で、もっともスキャンダラスに報道されたのは、朝ドラ「あまちゃん」のヒロインとして一世を風靡したのん(能年玲奈)でしょう。

彼女が人気絶頂にあった2015年4月。所属事務所に無断で個人事務所「三毛&カリントウ」を設立していたと報道され、事務所独立騒動が発生。同事務所の取締役を務める女性から洗脳されているのでは? という疑惑も報じられ、レギュラー番組やテレビCMも続々と終了するなど、事実上の休業状態に追い込まれていました。

その後、2016年7月に能年玲奈は、芸名をのんに改めます。アニメ映画『この世界の片隅に』(2016年)で主人公の声を演じ、ついに表舞台に復活なるかと期待されました。

しかし、その後はあまり大々的な活動は行っておらず、主にSNSにて自身の活動を発信するに留まっています。ちなみに、前所属事務所からは、退所の正式発表は行われていません。未だにホームページにも、能年玲奈の名前は残ったままとなっています。

50歳を機に、名前をカタカナに微リニューアル…真矢ミキ

元宝塚歌劇団花組のトップスターだった真矢ミキは、2015年の3月に改名をしています。旧・芸名は真矢みき。どこを変えたのか? と思われるでしょうが、よく見ると名前が平仮名からカタカナに……。50歳を迎えたことを機に、新たなことに挑戦する余裕ができたからというのが理由だそうです。

もともと、宝塚時代に「ミキ」と「みき」のどちらにするか悩んでいたそうなので、本人としてもそこまで深い意図はないようです。ただ、ちょうどこのタイミングで所属事務所を移籍しているため、それに伴った改名とも考えられています。

1/2ページ

最終更新:6/27(火) 7:10
dmenu映画