ここから本文です

お笑いコンビ・ワンクッション、空き家施設で上映会 佐藤さん出演の芝居

6/27(火) 6:02配信

上毛新聞

 群馬県桐生市を拠点に活動するお笑いコンビのワンクッションが7月2日、同市本町の空き家を活用した施設「マチヤマルシェやおゆう」で、初のDVD上映会を開く。メンバーで同市出身の佐藤涼平さん(33)が出演したコメディー芝居「響く想う」の映像を公開する。

活用の幅広げる一歩に

 同作品は東京の劇団「猿芝居」の初舞台として2011年11月に東京・浅草の劇場で上演された。3世代の大工一家のにぎやかな日常と父子の葛藤を、笑いと感動の物語にしている。佐藤さんは3男のすぐる役で出演した。

 会場の「やおゆう」は空き家だったが、ワンクッションが土間部分を借りて、毎月第1土曜日に若手作家らが作品を展示販売する「マチヤマルシェ」の会場にしている。活用の幅を広げる第一歩として上映会を企画した。

 プロジェクターを使い、白い壁に映像を映し出す。荷物の台に使う木製パレットの不用品をもらい受け、椅子に加工するなど、手作業で会場の準備をしている。

 佐藤さんは「空き家にはさまざまな活用方法があることを、多くの人に見てもらいたい」と話し、2回目以降も計画している。

 上映は午後4時から約2時間。入場料1000円(飲み物と菓子付き)。予約不要。駐車場あり。

上毛新聞社

最終更新:6/27(火) 6:02
上毛新聞