ここから本文です

マカオ・二龍頭公園の超高齢ツキノワグマがコロアン島へ引っ越しへ=トンネル工事の影響で

6/27(火) 12:28配信

マカオ新聞

 世界遺産・ギア灯台があるギアの丘(松山)の麓にある二龍頭公園で飼育・展示されているツキノワグマのBOBOが年内にもコロアン島・石排灣郊野公園に移される見通しだ。

 BOBOは1984年、1歳の時から二龍頭公園で暮らしており、多くのマカオ人に親しまれてきた人気者だ。今年で34歳を迎え、人間に例えると100歳に相当する。

 今回、BOBOの引っ越し話が持ち上がったのは、ギアの丘の東西を結ぶ歩行者専用トンネルの建設計画が具体化したのに伴うもので、西側出入口の位置がBOBOの獣舎付近とされたためだ。

 BOBOが高齢のため、引っ越しにあたって麻酔を使うことや、生活環境の急な変化による健康への影響も懸念されている。マカオ政府では、引っ越し先の石排灣郊野公園での新獣舎建設を年内にも完了させる予定とのこと。また、新獣舎はバリアフリー対応など、高齢のBOBOが快適に暮らせるよう工夫が盛り込まれるという。石排灣郊野公園ではマカオジャイアントパンダパビリオンをはじめ、多くの動物を飼育・展示されている。

 ギアの丘の東側には外港フェリーターミナル及び商業エリア、西側には住宅街が広がっている。東西を結ぶトンネルは存在するものの、自動車専用となっており、歩行者は山越えルートか迂回ルートを選択する必要がある。歩行者専用トンネルの開通によって、アクセス向上が期待されている。

最終更新:6/27(火) 12:28
マカオ新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ