ここから本文です

安室奈美恵「You’re my sunshine」完成秘話 ~max matsuuraと小室哲哉の思い出の曲~

6/27(火) 7:10配信

ニッポン放送「しゃベル」

エイベックス・グループ・ホールディングスの創業者であり、代表取締役社長 松浦勝人こと、max matsuuraの番組、ニッポン放送『max matsuura 仕事が遊びで遊びが仕事』。6月25日の放送に小室哲哉が登場。7月2日に放送400回目を迎えることを記念して、6月18日(398回)から4週にわたり、エイベックスの大躍進を支えたスペシャル・ゲストとして登場している。

ここでしか聞けない、エイベックス黎明期の秘密やTKヒット・ソング誕生秘話など、26年の付き合いとなる2人の歴史が紐解かれていく。

月曜の早朝、日本一早くオープンする、日本一ガラス張りの社長室。それが、エイベックス・グループ・ホールディングスの創業者であり、代表取締役社長、松浦勝人こと、max matsuuraがお送りする番組、『max matsuura 仕事が遊びで遊びが仕事』。

max matsuura と小室哲哉 vol.2 ~「You’re my sunshine/安室奈美恵」完成秘話~

荘口:ここにですね。小室さんと松浦さんがともに関わった、エイベックスからリリースされたシングルの売り上げトップのリストがありまして。まぁ、「CAN YOU CELEBRATE?」から売れた順に並んでいるんですけど。先ほど、小室さんが番組が始まる前に「この曲について松浦さんと思い出の曲がある」と、で、「どの曲ですか?」と聞いたら「You’re my sunshine」にはいろんなエピソードがあるそうで。

小室:trfではシーブリーズというタイアップの話(先週、テーマとなったタイアップ話)があったんですけど、そんな流れで、(安室)奈美恵ちゃんにもタイアップ(「シーブリーズ ’96」CFイメージソング)が回ってきたのかなと。

松浦:あれですよ。スケジュールの都合、コマーシャル部分だけ先に納品しちゃっていたシーブリーズのタイアップの「You’re my sunshine」があって。でも、後から完成させた曲ではテンポが早くなっていたんですよね(笑)。

小室:最初、CMに合わせた曲はゆっくりだったんですよ。

松浦:作っちゃったら早いスピードになっちゃっていて。曲調も変わっていて。

荘口:「You’re my sunshine」ってテンポが速いイメージですよね?

松浦:最初遅いんですよ。完成したものもそうなってるんですよ。だんだんグワッとテンポが上がっていくんですね。

小室:まぁ、テンポ遅い部分と速い部分を繋げなきゃいけなかったんで(笑)。今でこそ、プロトゥールスとかで編集は簡単なんですけど。当時はテープだったのでBPMを変えるのも難しかったんですね。だんだん上げていくっていう。もしかしたら、オンタイムで聴いていた人は、あれって凄い考えられたアレンジだと思ってくれていたかもしれませんけどね。

松浦:僕の記憶では、小室さんは悩んでいて。納品したゆったりしたテンポの箇所が最初にあったので、CMも決まっているので、その部分は必要なんですよ。でも小室さんが完成させたヴァージョンではテンポが早いから「どうしようか?」って時に「変えられない」ってなって。「変えられないならテンポをだんだん上げちゃえばいいじゃないですか」って言って(笑)。

荘口:凄いアイディアですね。

松浦:僕は曲の作り方がわからないから、それが無茶なことだって知らなかったんですよ(笑)。

小室:うんうん、そうですねぇ。そうそう。

松浦:その後、急に編集をスタジオでやりだした小室さんをみていた記憶がありますよね。

小室:けっこう、大変だったかなって(笑)。

松浦:完成した曲では、CMで使ったど頭から、途中でBPMが急激に変わってるっていう。


7月2日(日)、7月9日(日)の放送でも、番組400回を祝してゲストに小室哲哉が登場する。90年代を駆け抜けたTKファミリーとエイベックス大躍進。ここでしか聴けないtrfや安室奈美恵、globe、華原朋美などのタイアップ裏話や制作の秘密など、秘話の連続に注目だ。

ニッポン放送