ここから本文です

新潟「朝採り枝豆」を車内販売 上越新幹線の一部列車内で ビールとのセットも

6/27(火) 7:20配信

乗りものニュース

枝豆の作付面積全国1位の新潟県

 JR東日本新潟支社は2017年7月1日(土)から9月30日(土)まで、上越新幹線の一部列車の車内販売で、新潟県産の枝豆を販売します。

 日本レストランエンタプライズ(NRE)新潟列車営業支店が、JA全農にいがた協力のもと実施するもの。商品には、新潟でその日の朝に採れた黒埼地区産枝豆または「くろさき茶豆」が使用される予定です。

 販売区間は新潟~東京間。上りは「Maxとき326号」新潟発14時19分から、下りは「Maxとき333号」東京発16時40分からで、1日50パック販売されます(天候や収穫状況により朝採りでない場合あり)。

 1パックあたり約100グラムで、価格は300円(税込)。新潟限定ビール(350ml缶1本)とのセットは500円(税込)です。

 枝豆の作付面積が全国1位という新潟県。JR東日本新潟支社は「枝豆をこよなく愛する新潟の、美味しい枝豆をご賞味ください」としています。

乗りものニュース編集部