ここから本文です

【ブラジル】小型機の需要、20年間で6400機見込む

6/27(火) 2:16配信

サンパウロ新聞

 伯航空機メーカーのエンブラエル(Embraer)は20日、座席数70~130席程度の小型機の2036年までの世界需要は6400機、金額ベースでは3000億ドルに上るとの見通しを明かした。同社によると、このクラスの飛行機の世界全体の保有数は16年時点の2700機から36年には6710機にまで増えるものと予想される。伯メディアが同日付で伝えた。同社の見方では、36年までに予想される世界の需要全体の32%は北米が占める。以下はアジア・太平洋地域27%、欧州18%、ラテンアメリカ11%、独立国家共同体(CIS)6%、アフリカ3%、中東3%と見込まれている。

2017年6月24日付け

サンパウロ新聞

最終更新:6/27(火) 2:16
サンパウロ新聞