ここから本文です

ソニー、初音ミクとコラボしたウォークマン&Bluetoothスピーカー限定発売

6/27(火) 15:55配信

Stereo Sound ONLINE

ウォークマンには鏡音リン・レン/巡音ルカモデルも

 ソニーから、今年発売10周年を迎えるボーカロイド「初音ミク」とコラボレーションした、ウォークマンならびにBluetoothスピーカーの「初音ミク10周年記念モデル」が登場した。

ソニー、初音ミクとコラボしたウォークマン&Bluetoothスピーカー限定発売

 販売は同社直販サイトのソニーストアにて、8月23日(水)10:00までの期間限定で受付ける。なお、数量限定のため、予定数量に達した時点で販売終了となる。

 10周年記念モデルのラインナップは、初音ミクがハイレゾ対応ウォークマンAシリーズ「NW-A35HN」(3万2880円、税別)と、ハイレゾ対応Bluetoothスピーカー「h.ear.go」(型名:SRS-HG1、2万8880円、税別)の2種類。

 さらに、ウォークマンには鏡音リン・レンモデルと、巡音ルカモデル(各¥32,880、税別)を揃えている。

 ウォークマンは、各キャラクターのハイレゾ品質ボイストラック音源がプリインストールされる上、本体背面や、専用ケース、パッケージにオリジナルのデザインを採用した。

 Bluetoothスピーカーは、本体天板とパッケージにオリジナルデザインが施されている。

 各機種の仕様はベースモデルと同じで、ウォークマンNW-A35HNは最大でDSD 11.2MHz、PCM 192kHz/32bitまでのハイレゾ音源の再生をサポート。16GBのメモリーを内蔵し、メモリー増設用にmicroSDカードスロットも装備。最大で128GBを増やせる。3.1インチの液晶ディスプレイはタッチパネル式。ノイズキャンセリング機能を搭載したカナル型イヤホンが付属する。

 Bluetoothスピーカーh.ear.goは、スピーカーユニットに、35mmコーン型フルレンジ×2とパッシブラジエーター×2を採用。ハイレゾはmicroUSBやWi-Fi経由でDSD 2.8MHz、PCM 192kHz/24bitまでの音源が再生できる。BluetoothのコーデックはSBC、AACに加え、PCM 96kHz/24bit相当のファイルを伝送できるLDACが利用可能だ。

最終更新:6/27(火) 16:03
Stereo Sound ONLINE