ここから本文です

オリラジ藤森『カーズ』新作声優で“チャラ男”封印 松岡茉優は「尊敬」【動画付き】

6/27(火) 20:07配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾が27日、都内で行われたディズニー/ピクサーの人気シリーズ最新作『カーズ/クロスロード』(7月15日公開)の新車発表会見に出席。同作の日本語吹き替え版で、主人公マックィーンを窮地に追い込むストームの声優を務めた藤森は「アフレコのときに監督から『できるだけチャラさを抑えて』と言われた。歴史も人気もある作品なので、難しさもありながらやりがいのある役だった。本編ではチャラさゼロです。安心してください」と胸を張った。

 来日したブライアン・フィー監督から「トテモ、チャライ」と日本語で印象を伝えられた藤森は「わかるんですね。ご存知だったのか、スタッフに聞いたのか」と苦笑。同じく同作で声優を務める松岡茉優は、アフレコ中藤森が声優だと知らなかったといい、「超かっこいい声優さんだなって思ったら、藤森さん。こんなにかっこよくてクールなお芝居ができるんだって、改めて尊敬しました」と驚いていた。

 自動車たちの世界を舞台にした人気シリーズ第3弾となる同作では、主人公のマックィーンが、新たなハイテク世代の台頭と、大クラッシュという自身のレース人生を揺るがす挫折により、“人生の岐路=クロスロード”に立たされる。

 “新車発表会見”と題されたきょうは、フィー監督と共同プロデューサーのアンドレア・ウォーレン氏が、6年ぶりとなる新車=新キャラクター、明るくポジティブな女の子・クルーズと、ストームを紹介した。声優では“チャラ男”を封印していた藤森だったが、松岡が「ウォーレンさんは女優さんかと思った。本当にプロデューサーですか?」と話していると、すかさずウォーレン氏へ向けて「きみ、かわうぃーね」と豹変して笑わせていた。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:6/27(火) 20:07
オリコン