ここから本文です

『カーズ』最新作、新キャラクターの魅力は? 来日した監督&プロデューサーが解説

6/27(火) 19:00配信

ぴあ映画生活

ディズニー/ピクサー最新作『カーズ/クロスロード』の来日記者会見が6月27日、都内で行われ、メガホンを執ったブライアン・フィー監督と共同製作を務めるアンドレア・ウォーレン氏が出席。同作で活躍する新キャラクターの魅力を解説した。

『カーズ/クロスロード』フォトギャラリー

若手の最新型レーサーが台頭し、かつてはサーキット場のスーパースターだった“ベテラン”ライトニング・マックィーンは初めて挫折を経験し、人生の大きな岐路(クロスロード)に立たされる。現役続行か、引退し新たな道を進むか? マックィーンの試練が始まる。

すでに映画が公開されたアメリカでは、大ヒットを記録するとともに“大人も泣ける”作品として高く評価されており、ブライアン・フィー監督は「観客が大人か子どもかは、意識せず、常に自分たちが観たいものを作っているけど、この作品に関していえば、世代交代を迫られるマックィーンに対し、中年世代が共感してくれた部分が大きいと思う」と分析した。

この発言にアンドレア・ウォーレン氏は大いにうなずき、「あくまで(クリエイティブな)ものさしは自分たち。常に私たちの心に響く作品を目指しているし、観客の皆さんにも、何かを感じてもらえればうれしいわ」と話していた。

映画の中には、現役復帰を目指すマックィーンを支えるトレーナーのクルーズ、最新テクノロジーを搭載した新世代マシンのストームという2種類の新キャラクターが登場し、物語を盛り上げる。「クルーズに関しては若々しさを第一に、女性らしい優美さや力強さを意識したよ。かたやストームは一見して、マックィーンより洗練されていて、速度も上だと分かるようなデザイン。レース界の未来を象徴するような存在だからね」(ブライアン・フィー監督)。

記者会見には日本版でボイスキャストを務める女優の松岡茉優(クルーズ役)、藤森慎吾(ストーム役)が駆けつけた。

取材・文・写真:内田 涼

『カーズ/クロスロード』
7月15日(土)全国公開

最終更新:6/27(火) 19:00
ぴあ映画生活