ここから本文です

仕事中に「泣いたフリ」をしたことがありますか?

6/27(火) 12:30配信

TOKYO FM+

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。6月26日の「社会人意識調査」のテーマは「仕事中に『泣いたフリ』をしたことがありますか?」。はたして、その結果は……?

Q.仕事で泣いたフリをしたことがありますか?

ある 6.8%
ない 93.2%
(回答数:399票)

◆「ある」派の意見
「お客様がクレームを付けてきたとき、『あ、これは長引きそうだな』と思ったら、泣きます。たとえ自分に全く非がないような『商品が高すぎる』とかいうふざけた文句でも、とにかくお客様の怒りが長引きそうで、かつ怒りの度合いが大きいときは、泣きます。泣きながら怖がってる表情で謝り続けます」
(神奈川県 25歳 女性 文具店勤務)

「この前、寝坊をし 会社には忘れ物を取りに行くと伝えてしまいました。とにかく急いで、半泣きのフリをして、かっ飛ばして会社に向かいました」
(神奈川県 27歳 男性 会社員)

「修理工場の受付電話対応で、どうしようもなくなって泣いたふりをしたことがありますが、火に油を注いで大炎上させただけでした(笑)。そこまではしょうがなかったんですが、主任(女性)と交替すると、主任の泣き落としで鎮火するという結果に。解せぬ」
(茨城県 28歳 女性 その他)

◆「ない」派の意見
「ウソ泣きできるほど、器用ではないです。むしろ、涙が込み上げてくるのを止められなくて困ることのほうが多いかな~。涙をコントロールできるような、役者でありたいものです」
(埼玉県 24歳 女性 公務員)

「演技で泣くことはないです。男が泣いても余計に怒られるだけだもの。ガチ泣きはあります」
(神奈川県 32歳 男性 その他)

「私の会社は男女平等主義というか、女・子どもに容赦ないというか、涙は一切通用しませんね。悔し泣きはありますけど、武器として泣いても労力の無駄なので、ゴリゴリ仕事します」
(埼玉県 31歳 女性 その他)

番組リスナーの投票による結果は「ある」が6.8%、「ない」が93.2%と、泣いたフリをしたことがあるのは1割にも満たず、「ある」「ない」の差が大きく開いた形となりました。言葉だけではわかってもらえないときなど、停滞した仕事を少しでも前進させるために泣いたフリをするのは、ひとつの手段として有効なのかもしれません。

【泣いたフリが多いのは意外にも……】
男女別では、「ある」と答えた人の割合が男性は6.2%、女性は7.7%と、女性のほうが若干多い模様。また、世代別では、「ある」と答えた人の割合が一番高かった世代は40代で10.3%、逆に一番低かった世代は20代で3.9%でした。ガチ泣きでもウソ泣きでも、仕事で泣いて許される場合とそうでない場合があるので、みなさんくれぐれも注意してください。

(TOKYO FM「Skyrocket Company」2017年6月26日放送より)

最終更新:6/27(火) 12:30
TOKYO FM+