ここから本文です

高級ホテル「リッツ・カールトン」が海でも宿泊施設を提供、クルーズ事業に初参入、2019年に3隻で

6/27(火) 15:50配信

トラベルボイス

リッツ・カールトン・ホテル・カンパニーは、ホテル企業として世界で初めて、クルーズ事業「ザ・リッツ・カールトンヨットコレクション」を開始する。3隻のクルーズ船を用意し、第1弾は2019年第4四半期の就航を予定。2018年5月に予約受付を開始する。これにより、同社および親会社であるマリオット・インターナショナルは、陸と海の双方で宿泊施設を提供する初のホテル企業となる。

ザ・リッツ・カールトンヨットコレクションも、リッツ・カールトンのラグジュアリーサービスを提供。全長190メートル、最大298名の小型船で、リッツ・カールトンのラグジュアリーリゾートでの滞在とクルーズを組み合わせたスケジュールを提供する。旅程は7日間~10日間程度で、地中海や北欧、カリブ海、ラテンアメリカなどの複数のデスティネーションを用意。カプリやポルトフィーノなど大型クルーズ船が入港できない港も取り入れる。

船内設備では、客室はバルコニー付きスイートが149室と、138平方メートルの2階建てペントハウススイートを設置。このほか、ザ・リッツ・カールトンウォルフスブルクの3つ星レストラン「アクア」のシェフによるレストラン、リッツ・カールトンスパ、ラウンジ、ワインバー、船内エンターテイメントも用意する。寄港地の地元のシェフやミュージシャン、アーティストなどとのコラボレーションも行ない、陸上と海上でユニークな体験を提供する。

トラベルボイス編集部

最終更新:6/27(火) 15:50
トラベルボイス