ここから本文です

リアーナ、子供たちへの教育支援をツイッターで呼びかけ

6/27(火) 21:01配信

ELLE ONLINE

「教育のためのグローバル・パートナーシップ(Global Partnership for Education, GPE)」のアンバサダーを務めるリアーナが、ツイッターを通して世界のリーダーたちに子供たちへの教育資金の援助を呼びかけたことが明らかに。

【写真】これぞディーバ!おしゃれ番長リアーナの個性炸裂モードなスタイル30選

アルゼンチンのマウリシオ・マクリ大統領はじめ、カナダのジャスティン・トルドー首相やフランスのエマニュエル・マクロン大統領、ドイツ政府の広報を担当しているシュテフェン・ザイバート宛てに、ハッシュタグ「#FundEducation(教育資金の援助)」付きのメッセージを投稿し、協力を促したそう。

2012年に自身の祖父母の名前を称えた「クララ・ライオネル基金」を設立し、祖国バルバドスやカリブ海諸国へのチャリティ活動に取り組んでいるリアーナは、今年1月にもGPEと共にマラウイ共和国を訪れ、小学生に算数を教えたことで話題に。また3月には、医療施設の建設や奨学金プログラムの立ち上げといった活動が評価され、ハーバード大学の「人道主義者賞」に選ばれている。

GPEによると、現在学校に通っていない子供たちの数は世界で約2.63億人。そんな子供たちに教育を提供するため、2020年までに31億ドルの資金調達を目標に掲げているという。こういったリアーナの活動が世界にどのような影響をもたらすのか。今後も要注目。
(Translation: Reiko Kuwabara)

最終更新:6/27(火) 21:01
ELLE ONLINE