ここから本文です

第一回女性レース大会「L1」で女性ドライバー25名が激闘

6/27(火) 14:13配信

オートックワン

6月26日(日)に静岡県・富士スピードウェイにてWOMEN IN MOTORSPORT DAY2017が開催され、メインイベントの「Ladies No.1 Race(以下L1)」では、25名の女性ドライバーが激闘を繰り広げた。

この記事の画像ギャラリーはこちら

「L1」は、FIA(国際自動車連盟)およびJAF(日本自動車連盟)WOMEN IN MOTORSPORT Commissionが公式サポートする女性だけのレースである。

トヨタヴィッツ、マツダロードスター、マツダデミオなどの全5クラスに25名の女性レーサーが参加し「第一回女性レース大会」として富士スピードウェイ国際レーシングコースで行われた。

予選はウエットコンディションの中、各クラスで僅差のポジション争いが繰り広げられ、NCチャレンジクラスの山本絵里子がポールポジションを獲得した。 決勝スタート5分前には、同日、富士スピードウェイ内駐車場で行われていた「WOMEN IN MOTORSPORTドライビングレッスン」に参加していた女性ドライバー約80名がレースのスターティンググリッドに応援に駆けつけ、コントロールラインには、L1参戦の女性レーサーを含めて約100名の女性ドライバーが集結し記念すべき一日となった。

決勝は、直前まで降っていた小雨がやみ、難しいコンディションながら8周のレースがスタートした。2番手スタートの関崎が、ポールポジションの山本を1周目で抜かした。後続のロードスターNDクラスでも三つ巴のトップ争いが始まり、ヴィッツクラスやデミオクラスでも激しく順位が変動した。

7周目のヘアピンコーナーで、2位を走行中の山本がトップの関崎に追突するアクシデントが起こり、後続のNCチャレンジクラスの加藤とNDクラスの猪爪、小松、岩岡が総合トップを争う第一集団に浮上。

最終周の最終コーナーで2位を走行していた1.5リッターエンジンのNDロードスターを駆る猪爪が、2リッターエンジンのNCロードスターを駆るトップの加藤を交わしたが、加藤が、ゴールのコントロールラインで鼻先50センチの差で勝利。2リッターエンジンの直線の伸びを活かせたことが勝因だ。レース序盤から最終周までトップが入れ替わり、女性同士で熱いバトルが繰り広げられた。

NCオープンクラスは、関崎祐美子が優勝。NCチャレンジクラスでは、加藤沙也香が優勝、2位山本絵里子

NDチャレンジクラスは、優勝猪爪杏奈、2位小松寛子、3位岩岡万梨恵

デミオレースは、優勝岡村英莉、2位辻田慈、3位蓬茨夕美

Vitzクラスは、優勝みなぴよ、2位いとうりな、3位小林真奈美という結果になり、以上の12選手が表彰台を獲得した。

WOMEN IN MOTORSPORT DAYは、FIA(国際自動車連盟)およびJAF(日本自動車連盟)の活動の一環として、一般社団法人WOMEN IN MOTORSPORTS主催で開催され「女性が好きな車で思いきり走る」ことをコンセプトに「L1」レースとドライビングレッスンが行われた。

ドライビングレッスンでは、「アクティブセーフティ」「ラリースクール」「AUTOTEST」の3つのプログラムを6月25日、26日の2日間で延べ100名の女性ドライバーが受講した。JAF WOMEN IN MOTORSPORTアンバサダの井原慶子氏や勝田照夫氏がプログラムを監修し、飯田裕子氏や井野まいこ氏など女性インストラクターが講師を務めた。

同イベントにはメーカー各社が後援している。参加者は、トヨタアクアのラリーカーの他、日産ノートePOWER、LEAF、BMWi3などの電気自動車を体感することができた。 サーキットに100名を超える女性ドライバーが集結する記念すべき一日となり、モータースポーツの新しい可能性を感じたイベントとなった。秋には、「L1」シリーズの次戦として、WOMEN IN MOTORSPORT「L1Rallyin恵那」が開催される。モータースポーツで女性の活躍が今後とも楽しみである。

最終更新:6/27(火) 14:13
オートックワン