ここから本文です

マヒンドラ、フォーミュラEシーズン4用マシンの走りをグッドウッドで披露

6/27(火) 17:50配信

motorsport.com 日本版

 マヒンドラは、今週末に行われるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにおいて、シーズン4用の新型マシンを始めて走らせるチームとなる。このドライブは、ニック・ハイドフェルドが担当する予定だ。

【写真】ベルリンePrixでマヒンドラに初優勝をもたらしたローゼンクビストと3位のハイドフェルド

 2017-18年シーズンのマシン開発テストは、これまで非公開で行われてきたが、今回始めてその走行シーンが公にされることとなる。

 シーズン4の最も大きな変化は、レース中のパワーユニットの出力が上げられる点にある。これまでは最大170kWだったものが、来季からは180kWに引き上げられるのだ。続くシーズン5には、さらに多くの変更点が待ち構えており、それを先行して投入するという格好だ。

 マヒンドラのチーム代表であるディルバー・ジルは、次のように語る。

「我々はヒルクライムで、EVフォーミュラでの最高記録を樹立するためにニックと共にM4エレクトロをグッドウッドに持ち込むことに、とても興奮している」

「我々は常にチームとして視野を広げようとしている。そして、シーズン4用のマシンをファンや自動車愛好家の皆さんに紹介する、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードよりも素晴らしい方法を見出すことができなかった」

 他のフォーミュラEチームは、10月にバレンシアで行われるプレシーズンテストまで、シーズン4用マシンを公開する予定はない。

 マヒンドラによれば、新車のM4エレクトロは、ギヤが1速しか存在しないという。現在のマヒンドラのマシンは、3速ギヤを選択している。

 なおドライブを担当するハイドフェルドは、グッドウッドのヒルクライムで最速記録を持っているドライバーである。この時は1999年のマクラーレン・メルセデスのF1マシンに乗り、41.6秒で駆け上った。最新のフォーミュラEマシンがこの記録にどこまで”迫る”ことができるだろうか?

Matt Beer, Scott Mitchell