ここから本文です

1120億円相当の麻薬燃やす、東南アジア

6/27(火) 15:56配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【6月27日 AFP】ミャンマーの首都ヤンゴン(Yangon)で26日、警察当局が約3億8000万ドル(約430億円)相当の麻薬を焼却処分した。同国Ponparkyinでも、麻薬密売を行う武装勢力、ワ州連合軍(United Wa State Army、UWSA)が自らが所有する麻薬に火を付けた。

 国際薬物乱用・不正取引防止デー(International Day Against Drug Abuse and Illicit Trafficking)のこの日、タイとカンボジアでも麻薬の焼却が行われ、3国で処分された量は総額約10億ドル(約1120億円)分に上った。(c)AFPBB News

最終更新:6/27(火) 16:53
AFPBB News