ここから本文です

広島菊池、“難なく”美技を完成 一二塁間の深い位置で捕球→回転して送球

6/27(火) 18:23配信

Full-Count

救われた野村はロペスに被弾で先制点を献上

 広島の菊池涼介内野手が27日のDeNA戦で立ち上がりに“難なく”美技を披露した。

 初回、DeNAの先頭打者・桑原が野村の外角へのスライダーをバットの先で捉えた。ライトへ抜けるかと思われたが、菊池が一二塁間の深い位置で追いつくと、回転しながら一塁へ力強い送球。俊足の桑原はアウトとなった。

 バットの先に当たっていたため、打球はやや不規則な回転となっていたものの、菊池は“難なく”美技を完成させた。圧倒的な守備範囲を誇る名手に救われた形となった野村だが、続く梶谷は四球。二盗を會澤が差したものの、2死からロペスのソロ弾で先制点を献上した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/27(火) 18:23
Full-Count