ここから本文です

「富山丸」悲劇伝えたい 本県遺族、慰霊碑建立

6/27(火) 11:07配信

宮崎日日新聞

 太平洋戦争末期、鹿児島県徳之島沖で米軍に撃沈された旧日本陸軍の輸送船・富山丸とともに戦死した本県出身者らの遺族でつくる「県富山丸遺族会」(牛島荘吉会長、105人)が、宮崎市の県護国神社敷地内に慰霊碑を建立した。26日に入魂祭を行い、約30人が参列。遺族の減少や高齢化が進む中、悲劇を伝え残す思いを新たにした。

宮崎日日新聞

最終更新:6/27(火) 11:07
宮崎日日新聞