ここから本文です

川崎市教委も法抵触か 無登録でキャンプ募集

6/27(火) 6:15配信

カナロコ by 神奈川新聞

 神奈川県海老名市が企画・実施したバスツアーが旅行業法に抵触(無登録営業)していると指摘された問題で、川崎市教育委員会などでつくる実行委員会主催のサマーキャンプも同様に抵触する疑いがあることが26日、分かった。

海老名市実施のツアー 法抵触か

 市教委によると、サマーキャンプは市教委や川崎教職員会館、市生涯学習財団でつくる実行委が1990年から実施している。今年も7~8月に企画し、北海道など全国5カ所のコースを設定。市内在住・在学の小学5年生~中学2年生を対象に募集し、計約80人の申し込みがあったという。

 同法ではツアーなどの募集や代金の受け取りは国や県への登録業者に限っているが、実行委はホームページなどで募集案内し、申し込みも受け付けていた。

 市教委は「営利目的の事業ではないため、法律を確認するという意識もなかった。違反している場合は中止も検討し、適切な方法にした上で実施できるかどうか考えたい」としている。現在、県などに相談しながら違法性の有無を確認しており、近く結果を公表する予定。