ここから本文です

米本国部隊の展開を否定 嘉手納パラシュート降下訓練で稲田防衛相

6/27(火) 11:50配信

沖縄タイムス

 【東京】米軍嘉手納基地で4月に実施された米軍のパラシュート降下訓練について、稲田朋美防衛相は27日の記者会見で、米本国から部隊が展開されたことを否定した。米側からの説明として明らかにした。

 稲田氏は「部隊が展開したのではなく、訓練指導官が沖縄に派遣され、訓練を指導したという説明を(米側から)受けている」と述べた。

 同訓練については1996年の日米特別行動委員会(SACO)最終報告に基づき、伊江島補助飛行場で実施されるべきとの認識を示した。

 米海兵隊の公式サイトで、従来米本土で実施されていた訓練の一部移転だったことが分かっている。

最終更新:6/27(火) 11:50
沖縄タイムス

Yahoo!ニュースからのお知らせ