ここから本文です

辺野古海上警備で「パワハラ」訴え 46歳男性、燃料の海中投棄も証言

6/27(火) 14:10配信

沖縄タイムス

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設に伴う海上警備業務を請け負うマリンセキュリティー(沖縄市)に勤める男性(46)は27日、船上警備の際、上司の船長から暴言などのパワハラを受けたり、会社所有の警備艇内で漏れた燃料を海に捨てることを強要されたりしたとして、赤嶺政賢衆院議員(共産)らと一緒に沖縄防衛局を訪れ、職場環境の改善などを求めた。

 男性によると、船長による罵倒や嫌がらせなどのパワハラが日常的に繰り返されていたという。男性は今年に入ってから体調を崩し、円形脱毛症や睡眠障害などを患った。

 警備艇内の燃料漏れについては当直勤務後、船内に漏れて船底にたまった燃料を辺野古の長島付近で海中投棄することを指示されていたという。男性は命令に従い、捨てていたと証言した。

 男性は中嶋浩一郎局長に要求書を手渡し、「今後の生活にも仕事に就けるか不安がある。ほかにもパワハラが原因で辞めた人もおり、二度と繰り返してほしくない」と早期の改善などを訴え。赤嶺議員らはマリン社の残業代未払い問題などを指摘した上で、「調査して責任をはっきりさせる必要がある。国の業務を契約するにふさわしくない会社だ」と抗議した。

 中嶋局長は訴えに対して「業務の再委託先なので、よく話を聞きたい」と返答。燃料の海中投棄については「工事は環境に配慮することを大前提にしているので、しっかり聞いて、報告できるようにしたい」と述べた。

最終更新:6/29(木) 11:10
沖縄タイムス