ここから本文です

4球団がファン投票選出なし 最近10年ではリーグ優勝球団も…

6/27(火) 15:00配信

ベースボールキング

 26日、『マイナビオールスターゲーム2017』のファン投票の結果を発表した。ソフトバンクが12球団最多の5人がファン投票で選出されたが、中日、ヤクルト、ロッテ、オリックスの4球団はファン投票で選出された選手が現れなかった。

 2008年以降の10年間で、ファン投票で1人も選出されなかった球団は9チーム。内訳をみてみると、中日が7度、ロッテが5度、楽天が4度、DeNAと西武が2度、ヤクルト、阪神、広島、オリックスが1度となっている。

【最近10年間でファン投票選出者なしの球団】
中日 7度
(08、09、10、12、14、15、17年)

ロッテ 5度
(08、14、15、16、17年)

楽天 4度
(08、10、12、16年)

DeNA 2度
(10、14年)

西武 2度
(11、13年)

阪神 1度
(09年)

広島 1度
(11年)

オリックス 1度
(17年)

ヤクルト 1度
(17年)

 特に中日は10年にリーグ優勝を達成しているが、同年のオールスターで、ファン投票で選出された選手は誰もいない。同年リーグMVPに輝いた和田一浩は、外野手部門の7位、この年の6月に通算250セーブを達成した岩瀬仁紀は抑え投手部門の5位だった。

 当時セットアッパーとして大活躍していた浅尾拓也も、顔立ちが良く女性ファンから高い人気を誇っていたが、中継ぎ投手部門の2位だった。黄金時代を築いていた中日だが、人気と実力がイコールとならなかった。

 ロッテも中日に次いで5度と多い。ロッテは2014年から4年連続で、ファン投票でオールスターに出場した選手がいない状況だ。昨年はファン投票で選出された選手はいなかったが、監督推薦で涌井秀章、石川歩、西野勇士、益田直也、田村龍弘、鈴木大地、角中勝也と12球団最多タイの7人の選手が選ばれた。

 29日に選手間投票、7月3日に監督選抜を含む出場メンバーが発表されるが、今回ファン投票で選出されなかった中日、ヤクルト、ロッテ、オリックスの4球団から何人の選手が選ばれるだろうか。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10/19(木) 15:05