ここから本文です

ペレス「アクシデントはチームにとっても最悪の結果」フォース・インディア F1アゼルバイジャン日曜

6/27(火) 16:00配信

オートスポーツweb

 2017年F1第8戦アゼルバイジャンGP決勝で、フォース・インディアのセルジオ・ペレスはリタイアだった。 

赤旗中断中にマシンを修復しレースに復帰したセルジオ・ペレス

■サハラ・フォース・インディアF1チーム
セルジオ・ペレス 決勝=リタイア 
 こんな形でレースをリタイアすることになって悔しい。うまくやれば、優勝も狙える位置にいたと思うからね。週末を通じて素晴らしい仕事をしてくれたチームの努力は、こうした状況の中でレースをぶち壊しにするのではなく、もっとずっと良い結果で報われるべきだった。

 あのアクシデントに関して言えば、僕にはあれを避けるすべは何もなかったし、特にチームにとって最悪の結果をもたらすものだった。ライバルチームが大量得点を稼いだ日に、僕らふたりのレースを台無しにしたのだから。あの時の状況について、チーム内でよく話し合い、ああいうことが二度と起きないようにしないといけない。

 僕たちドライバーは、個人よりもずっと重要なチームという組織の一員であり、特に今日のように好成績を残せる可能性が高いレースでは、最良の結果を持ち帰るためにベストを尽くす責任を負っている。実際、あのアクシデントが起きるまでは、僕らは素晴らしいレースをしていて、とても好調な週末だったんだ。僕のスタートはとてもうまく決まり、純粋な実力で2番手を争っていた。

 それだけに、セーフティカー後のリスタート(とアクシデント)は、本当にアンラッキーだった。クラッシュの後も、チームは全力を尽くして僕のクルマを修復し、レースに復帰させてくれた。ただ、結局はシートが破損して、安全上の見地からチームの指示でリタイアすることになった。それもまた、この週末、僕らがどれほど不運だったかを示すものだ。

[オートスポーツweb ]