ここから本文です

富士スピードウェイが“ジュラシック・ワールド”に!? 恐竜世界を体感できる新施設が7月末開業

6/27(火) 17:34配信

オートスポーツweb

 富士スピードウェイは、7月28日(金)13時に屋外体験型施設『富士ジュラシックウェイ(FUJI JURASSIC WAY)』をオープンさせる。

【写真】富士ジュラシックウェイに展示されるティラノサウルスの模型

 スーパーGTや全日本スーパーフォーミュラ選手権、WEC世界耐久選手権など国内外のモータースポーツを開催している富士スピードウェイに“家族で楽しむ富士スピードウェイ”をコンセプトとするアミューズメント施設が導入される。

 新たに登場する『富士ジュラシックウェイ』は恐竜模型の屋外体験施設。トヨペット100Rコーナー内側の森林エリアに恐竜模型を設置し、太古の恐竜世界を表現するという。

 展示される模型は肉食恐竜のティラノサウルス(T-REX)や草食恐竜のブラキオサウルス、翼竜のプテラノドンなど13種17体。展示される模型の最大全長は10メートルに迫り、鳴き声も発するものもあるといい迫力は充分。

 また、富士山をバックに記念撮影ができるスポットも計画しているとのこと。

 そのほかトリケラトプスなどの本格的な骨格標本が24体、写真撮影用の恐竜卵、小さなお子様向けの“乗れる恐竜”なども設置される。

 見学には富士スピードウェイの入場料(レース・イベント開催時は観戦チケットの購入が必要)、富士ジュラシックウェイへの入園料が必要。また、一般入場日に富士ジュラシックを利用する場合、富士スピードウェイへの入場料が割引となる。

 オープンに先駆け、7月1日には専用ホームページ(http://www.fjw.jp/)もオープンする予定。この夏は、富士スピードウェイで“ジュラシック・ワールド”を体験してみては。

[オートスポーツweb ]