ここから本文です

トレント・レズナー、全米公開中の映画音楽ドキュメンタリー『SCORE』に出演

6/27(火) 16:10配信

rockinon.com

映画音楽制作の裏側を描いたドキュメンタリー映画、『SCORE: A Film Music Documentary(原題)』が6月16日より全米で順次公開されている。

マット・シュレイダーが監督を務めた本作には、ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナー、アッティカス・ロス、ジェームズ・キャメロンやハンス・ジマー、クインシー・ジョーンズ等が出演している。


予告編を観ると、『インディ・ジョーンズ』や『007』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』などの大作シリーズから『ソーシャル・ネットワーク』、『アメリカン・ビューティー』まで、様々な映画の音楽制作の裏側を、関係者たちへのインタビューとともに描いた作品になっているようだ。

なお、公開されている予告編は、ジョン・ウィリアムズがスティーブン・スピルバーグ監督に『E.T.』のテーマ曲の案を聴かせるという貴重な映像から始まっている。

現在のところ、『SCORE: A Film Music Documentary(原題)』の日本公開は未定だ。

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:6/27(火) 16:10
rockinon.com