ここから本文です

健全経営で地域医療に貢献 紀南病院が優良表彰

6/27(火) 16:46配信

紀伊民報

 自治体の病院として地域医療に貢献しながら、健全経営を確保したとして、和歌山県田辺市新庄町の紀南病院が、全国自治体病院開設者協議会などから「自治体立優良病院表彰」を受けた。

 表彰の対象は前年度まで過去6年間、黒字経営を維持した上で、救急医療や地域医療との連携、へき地医療などで重要な役割を果たしていることが条件。県内で表彰されるのは公立那賀病院(紀の川市)に続いて2例目。

 自治体病院は行政サービスで、不良採算部門とされる医療も提供する。2015年度の病院運営実態調査では、自治体立病院の90・2%が赤字だった。

 紀南病院は新築移転もあり経営面で苦境に立ったこともあるが、2011年度から経常黒字を実現。医療面では心臓・循環器、周産期分野などに力を入れるとともに、救急専門医を配置するなどした。

 このほど東京都内で表彰式があった。赤木秀治院長は「職員一人一人の、地域医療に対する努力のたまもの。今後より一層、地域に信頼される病院を目指し、職員一同、情熱を持ってまい進したい」と語った。

最終更新:6/27(火) 16:46
紀伊民報