ここから本文です

アンゴラの地雷除去活動を完了 コマツ

6/27(火) 1:55配信

北國新聞社

 コマツは26日、アフリカ南西部のアンゴラで2009年から行ってきた対人地雷除去の支援活動を完了したと発表した。同社によると、地雷除去機と建設機械を無償提供し、8年間で計213ヘクタールの地雷を除去、約20キロの道路を開拓した。

 コマツはNPO法人「日本地雷処理を支援する会」(東京)と提携し、アンゴラ・マブバス地区で地雷除去活動を実施してきた。活動完了に伴い、同地区に5月、記念碑が建てられた。

 同社はカンボジア、ラオスでも地雷除去やコミュニティー開発事業のプロジェクトを行っており、今後も社会貢献活動を継続する。

北國新聞社

最終更新:6/27(火) 1:55
北國新聞社