ここから本文です

レアルユースを3冠に導いた“天才”グティ、トップチームの指揮は「そのうちね」

6/27(火) 12:55配信

ゲキサカ

 レアル・マドリーのフベニールA(U-19)を今季3冠に導いた元スペイン代表MFグティ(40)が、将来的にトップチームを指揮したいと語った。スペイン『マルカ』が報じている。

 2011年に現役を引退したグティは、2013年からマドリーの下部組織を指揮。25日に行われたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)で延長戦の末にアトレティコ・マドリーの下部組織を破り、チームをディビシオン・デ・オノール・グループV、チャンピオンズカップに続く3冠に導いた。

 偉業を達成した“天才”グティ。当然、トップチームの指揮官として就任することも期待されるが、「レアルのファンは、ジネディーヌ・ジダンに長く続けてもらいたいと思っている。それは私も同じだ」と現役時代にともにプレーしたチームメイトの健闘を祈りつつ、「ただ、私もいつかはそこをたどり着きたいと思っている。トップチームのコーチに興味がないなんて馬鹿げていることだからね。でも今じゃない、そのうちね」と思いを明かした。

最終更新:6/27(火) 12:55
ゲキサカ