ここから本文です

“J1・J2入れ替え戦”が18年より10年ぶりに復活!!「バランスや公平感を加味」

6/27(火) 18:39配信

ゲキサカ

 Jリーグは27日に理事会を開催し、18年以降のJ1・J2昇降格決定方法の変更を承認した。J1の17位と18位の自動降格、J2の1位と2位の自動昇格に変更はないが、J2の3位から6位までが行っているJ1昇格プレーオフの勝者が、J1の16位と対戦してJ1の座を争う新たな方式となった。大会概要や試合方式は決定し次第、発表される。

 Jリーグは“入れ替え戦”の再導入が検討されたことについて、「J2の3枠目で昇格したクラブが相対的に見て、残留ラインからかなり離れて戻った事実がある。一方でJ1で16位になって翌年J2でどのような成績を残したと見ると、概ね実力差をつけてJ1に昇格している」と説明。村井満チェアマンは「結果論ですが、これを参考にしながら、バランスや公平感など様々な要素を加味して、判断させていただいた」と話した。 

過去のJ1・J2入れ替え戦
()内は第1戦、第1戦はJ2チームがホーム
2004年
福岡(J2・3位) 0-4(0-2) ☆柏(J1・16位)

2005年
☆甲府(J2・3位) 8-3(2-1) 柏(J1・16位)

2006年
☆神戸(J2・3位) 1-1(0-0) 福岡(J1・16位)
※アウェーゴールで神戸がJ1昇格

2007年
☆京都(J2・3位) 2-1(2-1) 広島(J1・16位)

2008年
仙台(J2・3位) 2-3(1-1) ☆磐田(J1・16位)
 

最終更新:6/27(火) 19:06
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1