ここから本文です

カジノを広めたいならよそでどうぞ-中国が本土で勧誘許さずと警告

6/27(火) 12:40配信

Bloomberg

アジアでカジノを広めたいなら中国本土以外でやってくれ。中国当局がはっきりとしたメッセージを発した。

上海の裁判所は26日、中国本土で違法なギャンブルの宣伝を行ったとしてオーストラリアのクラウン・リゾーツの現職・元従業員19人に有罪判決を下した。

日本から豪州に至るまでアジア各地に新たなカジノの波が押し寄せようとするタイミングで、今回の有罪判決が出された。海外のカジノ運営会社は、中国の富裕層を有望な顧客と捉えているが、当局の警告に逆らえない状況だ。

シドニー工科大学法学部のコリン・ホーズ准教授(中国企業法)は「中国本土でのその種の活動を許さないという警告のようだ」と指摘した。

国営メディアによれば、中国は共産党が政権を掌握した1949年に道徳的理由からギャンブルを禁止。一方、カジノの営業が唯一認められている特別行政区のマカオは今や世界一のカジノ拠点となっている。海外のカジノ運営会社は、中国本土でカジノ施設以外のホテルやレストランのプロモーション活動を行うことは認められている。

原題:China’s Message to Asia’s Casinos: Place Your Bets Elsewhere (1)(抜粋)

Angus Whitley, Daniela Wei

最終更新:6/27(火) 12:40
Bloomberg