ここから本文です

米医療保険制度改革、上院案で2200万人が無保険に=議会予算局

6/27(火) 13:00配信

BBC News

米医療保険制度改革法(オバマケア)の改廃を目指す上院共和党の代替案について、超党派の議会予算局(CBO)は26日、実施されれば今後10年の間に約2200万人が無保険となると試算を発表した。その一方で、政府の財政赤字は削減されるという。ホワイトハウスはCBOの試算に反発している。

CBOによると、新制度では医療保険加入が義務化されなくなるため、2018年までに現在より1500万人が無保険になり、2026年までに2200万人に増える見通し。

ホワイトハウスはこのCBO報告に反発し、「CBOはこれまで一貫して、医療保険関連法案がどのように保険加入者数に影響するか、正確に予測することができないと証明してきた」とその試算の信ぴょう性に疑問を示した。

上院の改廃案については、一部の共和党議員も懸念を示しており、可決に必要な50票が確保できるか不透明な情勢。また、民主党は不公平で残酷な内容だと強く非難している。

22日には、共和党のテッド・クルーズ、ロン・ジョンソン、マイク・リー、ランド・ポール各上院議員が、「この法案に賛成票を入れられる状態にない」ものの「交渉の余地はある」と表明していた。

4議員らは、低所得者や障害者を対象とした公的医療保険「メディケイド」の縮小に懸念を示している。

ジョンソン議員は25日、今週中に法案を採決にかけるなど「ありえない」と述べた。

上院共和党案は、勤労世帯への医療保険購入支援を削減する代わりに、富裕層への減税措置を盛り込んでいる。

民主党のナンシー・ペロシ下院院内総務は、共和党の医療保険法案が成立すれば「数十万人もの」米国人が死んでしまうと警告した。

共和党は、自分たちの法案によって誰かが死ぬなどありえないと反発している。

<解説> また痛みが――アンソニー・ザーチャー、ワシントン

ドナルド・トランプ大統領は、2026年までに2300万人が無保険になるという下院の医療保険改革法案を「意地悪」だと呼んだ。では、2200万人が無保険になる上院案は何と呼ぶのだろう。影響を受ける人数は100万人しか減らなかったのだが。

公的医療保険「メディケイド」を頼りにしている低所得層の多くは、大統領選でトランプ氏を支持した。その人たちを支える「メディケイド」はこの上院案が成立すれば、今後10年間で公的資金を26%失う。つまり、保険対象者が大幅にカットされ、適用対象も今よりはるかに薄っぺらい内容となるのだ。

共和党の穏健派にとって、これは飲み込みにくい苦い薬だ。地元有権者からは、反対票を入れるようにとすさまじい圧力がかかるに違いない。

CBO報告にはもちろん、朗報も含まれる。予算削減のおかげで(オバマ政権下の減税措置を撤回しても)、財政赤字は2017年から2026年にかけて、合計3210億ドル(約36兆円)削減される。個人の医療保険市場はもっぱら盤石で、保険料は(来年一時的に高騰した後)低下する。

しかし結局のところ、CBO報告は上院案成立の可能性に対する大打撃となった。とはいえ、下院の共和党も同様に叩かれながらも一致団結して法案を可決したので、これでおしまいだと墓碑銘を書くのは時期尚早だ。ただしそれは、議会共和党の努力がホワイトハウスに座る人によって損なわれなければ、という大前提をもとにした話だが。

(英語記事 Senate healthcare bill leaves 22m more without cover, CBO says)

(c) BBC News

最終更新:6/27(火) 13:00
BBC News