ここから本文です

28年前に商標出願、実は「誤解」だった 任天堂最新ゲーム「ARMS」 ネットで話題

6/29(木) 7:00配信

withnews

 ゲーム機「ニンテンドースイッチ」向けに、任天堂が今月発売した最新ゲームをめぐり、「30年近く企画を温めてきたのでは?」とネットで話題になっています。ロマンを感じる話ですが、取材をすると違う真相が見えてきました。(朝日新聞デジタル編集部・信原 一貴)

【拡大画像】任天堂が驚きの商標登録? その内容とは

「いつから温めてたの?」と反響

 そのゲームとは、6月16日発売の「ARMS」です。個性豊かなキャラクターを操り、伸びるウデを使って対戦。任天堂が、スイッチに自ら投入する新たな「格闘スポーツゲーム」として注目を集めています。

 ツイッターですぐに話題になったのが、「ARMS」の商標登録でした。商品名などを国に登録して、マネされるのを防ぐもので、多くのゲーム名も発売前後に出願・登録されています。

 ところが特許庁の検索サイトで調べると、任天堂が権利者となっている「ARMS」の商標は、出願日が「1989年11月29日」。なんと28年も前だというのです。

 この検索結果がツイッターに投稿されると、「そんな昔から温めてたの」「ずっと試行錯誤してたのか」と反応が。「実は30年近く前から任天堂が商標登録していた事が判明!」などと伝えた、ゲーム情報サイトやニュースサイトもあります。

 記者が特許庁のサイトで検索してみても、同じ表示が出ました。出願が1989年、登録は1995年。使い道は「家庭用テレビゲームおもちゃ」など。確かに話題通りの内容に見えます。

ヤマハも商標登録

 一方で1989年と言えば、スーパーファミコンが発売される前年です。あまりの古さに「別企画から名前だけ転用したか」などと、直接の関係を疑問視する声も出ています。

 不思議な点はほかにもあります。

 検索結果によるとヤマハも、全く同じ出願日で「ARMS」を商標登録しているのです。ただ使い道が異なり、任天堂と住み分けているように見えます。

 さらに任天堂は「ARMS」の商標を2017年1月にも出願し、審査待ちの状態です。こちらは出願されているロゴから、明らかに最新ゲーム「ARMS」に関係するものです。

1/2ページ

最終更新:6/29(木) 7:29
withnews