ここから本文です

ウインフィロソフィが小向トレセン(川崎)で放馬 路地で厩舎関係者が捕獲

6/28(水) 16:15配信

netkeiba.com

 28日(水)午前7時47分に、川崎市幸区小向仲野町にある川崎競馬場の小向厩舎(通称:小向トレセン)から、ウインフィロソフィ(牝4、川崎・林隆之厩舎)が放馬。約5分後に現場から150メートルを離れた路地で、追跡した厩舎関係者が捕獲し、被害はなかったという。

 同馬は元JRA所属のステイゴールド産駒で、昨年に川崎に転厩。近走は連続して馬券圏内を確保するなど好調を維持している。

 川崎競馬組合は今回の事象について、「原因の究明をするとともに、今後の再発防止に向け万全の体制で取り組んでまいります」としている。

(川崎競馬組合リリースより)

最終更新:6/28(水) 16:24
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ