ここから本文です

野方ヤッホーロードに「野方まきまき」 野菜の豚バラ巻き売りに、焼きとんや焼き鳥も /東京

6/28(水) 8:02配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 西武新宿線野方駅南側の野方ヤッホーロード北側入り口付近に6月12日、バラ巻き「野方まきまき」(中野区野方5、TEL 03-5356-5304)がオープンした。(中野経済新聞)

「野方まきまき」外観

 豚のバラ肉で野菜などを巻いた串焼きを提供する同店。中野区内で建築塗装や防水工事を手掛ける川内建装(弥生町6)の川内隆嗣社長と、焼き鳥や焼きとんの有名店などで15年間修業を重ねてきた同区内在住の齊藤清さんが意気投合し、今年の4月ごろから同区内での開業を準備してきたという。「このあたりではあまり見かけたことのない」という豚バラ肉で野菜などを巻いて串焼きにする「バラ巻き」をメインに、修業してきた「焼き鳥」や「焼きとん」も提供する。席数は、カウンター11席、テーブル8席、季節によって店舗前や奥にテラス席も用意する。店長は齊藤さんが務める。

 メインとなる「バラ巻き」メニューは、「ナス」「しめじ」「エリンギ」「しいたけ」「トマト」「もやしキャベツ」「軟白ネギ」「万能ネギ」「アスパラ」「にんにくの芽」(以上150円)や「厚揚げ豆腐」(200円)など。焼き鳥は「手羽先」「ねぎま」「とり皮」「砂肝」「つくね」「ささみ」(100円)など。焼きとんは「レバー」「タン」「ハツ」「カシラ」「シロ」(以上100円)など。そのほか、「ポテトサラダ」(200円)や「牛すじ煮込み」(350円)などの単品メニュー、「たこから揚げ」「いかから揚げ」「鶏ひざナンコツ」(以上250円)などの揚げ物、生野菜やご飯ものも用意する。ドリンクメニューは生ビールやホッピー、日本酒や焼酎など。

 齊藤さんは「長い間修業してきて、やっと自分の店を開くことができた。物件も地元でいろいろ探していたが、最高の場所が見つかった。飲食店は、何といってもお客さん。食べておいしいと言ってくれる、笑顔になって帰っていただけるなど、お客さんが喜んでくれることが一番。そんな店にしたい」と意気込む。

 営業時間は16時~23時(ラストオーダー)。

みんなの経済新聞ネットワーク