ここから本文です

ユーザックシステム、「Autoブラウザ名人」の最新版

6/28(水) 15:00配信

BCN

 ユーザックシステム(宮原克昭代表取締役)は、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ソリューションの主力製品「Auto ブラウザ名人」を大幅に機能強化した最新版「Autoブラウザ名人 Ver.6」を6月28日に発売した。

 Autoブラウザ名人は、取引先ウェブサイトからの受注データダウンロードや小売業のPOSデータダウンロード、ECサイトへの商品情報アップロードなど、ブラウザ操作を自動化するソフトウェア。これまでに447社1066本の導入実績がある。RPAは、パソコン操作をソフトウェアのロボットが自動化することで、業務の品質向上と作業時間短縮に効果があるとして、働き方改革を進める企業に注目されている。

 今回の機能強化では、ブラウザ操作のスクリプト自動記録機能を大幅に向上し、ログインやエラー時などによく使う処理を部品化して、再利用できるようにした。これにより、従来製品に比べて開発生産性を30%以上向上。また、1年、3年、5年ライセンスから選択可能となり、短期間の利用でも導入しやすい価格体系とした。

 税別価格は、開発版が1年ライセンス16万円、3年ライセンス48万円、5年ライセンス72万円、保守料は月額1万円。実行版が1年ライセンス3万9000円、3年ライセンス11万8000円、5年ライセンス17万8000円、保守料が月額4000円。同社では、今回のAutoブラウザ名人 Ver.6を含めて、Autoブラウザ名人シリーズで初年度200本の販売を計画している。

最終更新:6/28(水) 15:00
BCN