ここから本文です

女子の国別対抗戦、2018年開催地が韓国に決定 米国以外で初

6/28(水) 16:40配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

米女子ツアーの国別対抗戦「UL インターナショナルクラウン」の2018年大会(10月4日~)の開催地が28日、韓国に決まった。仁川のジャック・ニクラスGCコリアで行われる。2014年の開始から3度目で米国以外で初開催になる。

【写真】ジャック・ニクラスGC周辺はビルばっかり?

2年ごとの同大会は1チーム4人の8カ国対抗戦で、過去2回は14年にスペイン、16年に米国が優勝した。日本は宮里藍や横峯さくらを擁した14年に3位、野村敏京や宮里美香らが出場した16年は5位に終わった。

参加国は18年6月の「全米女子オープン」終了後の世界ランクで各国上位4人の順位合計の小さい順で決定。また各国の代表選手は同年7月の「KPMG女子PGA選手権」終了後に決まる。

2年に1度行われる男子の米国選抜と世界選抜の対抗戦「ザ・プレジデンツカップ」は、15年に同じジャック・ニクラスGCコリアを舞台にアジアで初開催をした。