ここから本文です

自治体予算って何? 要は彼氏の「借金問題」 住んでる街の懐事情

6/29(木) 7:00配信

withnews

 予算って何? 負債って? とっつきにくい自治体財政。でも、住んでいる街の懐事情は、けっこう大事です。首都大学東京の渡邉英徳研究室が、恋と選挙を「情報戦」という視点から調べるプロジェクトを進めています。告白された彼に浮上した借金疑惑。そんな女心をノベライズ、財政問題を読み解きます。

恋も選挙も情報戦 エピソード2 彼に借金あり!?

 顔の広い麻美子は、私よりもはるかに情報への感度が高い。インカレサークルに所属しているからか、就活の情報、OB・OGとのつながりの太さは圧倒的だ。

 麻美子はマスコミ業界を希望していて、入学した当初から就活への意識が違っていた。

 麻美子なら彼のことを詳しく知ってると思って研究室まで来たのに。この時間、いつもいるのにどうしたんだろう。

「お金がどうのこうのって聞いた記憶が」

 ガチャ

 「あっ、麻美子! 会いたかったよー」

 突然、抱きついた私に、麻美子は優しい。

 「どうしたのー」

 まるで、幼稚園生をなだめるような声を出して、一緒に演じてくれる。

 「ねぇ、高松佳祐さんって知ってる?」

 「知ってるも何も、サークルの先輩だから知ってるよ。どうした?」

 「彼ってどんな人?」

 「んー。優しいし、飲み会のさばき方もうまいし、人の悪口言ってるところ、聞いたことないし。いい会社に勤めてるし」

 「超いいじゃん!」

 「ただ、就活を一生懸命していた理由が、お金がどうのこうのって聞いた記憶が」

「今の状態じゃ応援できない」

 「え? 借金とかってこと?」

 「だった気がする。それに、彼女も同じサークルじゃなかったっけ」

 「……。実は、告白されたんだけど」

 「絵梨香、そうだったの? 佳祐さんに直接聞いた方がいいよ。いい人だけど、私も今の状態じゃ応援できない」

「大学卒業後、返済が始まります」

「大学卒業後、返済が始まります」

 佳祐に一通の封書が届いたのは大学4年の春。

 佳祐の実家は地方で弁当店を営んでいるが、経営が順調とは言い難かった。佳祐が東京の私立大学を希望した時、親は経済的な事情で地元の大学に行くように説得した。

 でも、どうしても東京で勉強したかった佳祐は、奨学金を借りて、働きながら返すことを親に約束。なんとか上京した。

1/2ページ

最終更新:6/29(木) 7:00
withnews