ここから本文です

韓国 けさのニュース(6月28日)

6/28(水) 10:01配信

聯合ニュース

◇国防部長官候補 きょう国会で人事聴聞

 国会国防委員会は28日、国防部長官候補の宋永武(ソン・ヨンム)元海軍参謀総長に対する人事聴聞会を開く。野党議員は、法律事務所や防衛関連事業者からの巨額の顧問料受け取りや軍の納入品不正に対する捜査のもみ消し、酒酔い運転の隠蔽(いんぺい)などの疑惑を追及するとみられる。

◇文大統領 午後米国へ出発

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が28日午後、就任後初の韓米首脳会談に向け米国へ出発する。米東部時間28日午後にワシントンに到着、朝鮮戦争の長津湖の戦いで犠牲になった国連軍兵士の慰霊碑への献花で訪米公式日程をスタートする。トランプ米大統領との首脳会談は現地時間の30日に行われる。

◇崔順実被告の娘 検察で11時間の取り調べ

 国政介入事件で公判中の崔順実(チェ・スンシル)被告の娘、チョン・ユラ氏が27日、検察で11時間に及ぶ取り調べを受けた。午後11時50分ごろ、取材陣の質問には一切答えないまま乗用車に乗り込み、検察庁を後にした。チョン氏の弁護士は「サムスンの支援に関する調査が多かった」と話した。検察特別捜査本部は、馬術選手だったチョン氏がサムスングループから提供された馬を別の馬に取り替えるなどした犯罪収益隠匿規制法違反や、名門・梨花女子大への不正入学や不正な単位取得による業務妨害罪など三つの容疑について調べを進めているとされる。

◇米国 人身売買で中国や北朝鮮を最低ランクに

 米国務省は27日、世界の身売買の実態に関する2017年版報告書を発表し、中国をはじめ、北朝鮮やロシア、イラン、コンゴ、シリアなど23カ国を最低ランクとした。北朝鮮は15年連続の最低ランク、中国は4年ぶりに4段階中の最低ランクに引き下げられた。

◇夏休みに旅行費支出拡大へ 見通し指数が15年ぶり高水準

 韓国銀行(中央銀行)が28日までに発表した6月の消費者動向調査によると、消費者心理の主要指数の一つ、旅行費支出の見通し指数は98で、基準値100は下回ったものの前年同月に比べると9ポイント上昇した。月別の指数発表が始まった2008年7月以来の高水準。また、文化・生活関連や耐久財の支出見通しも大幅に改善したことが分かった。

◇タミフル8月に特許切れ 韓国製薬各社が後発医薬品準備

 8月にインフルエンザ治療薬「タミフル」の特許が切れる。食品医薬品安全処によると、28日までに韓国の柳韓洋行や緑十字、大熊製薬などメーカー38社が約100種類のタミフル後発医薬品(ジェネリック医薬品)大の認可を受けた。約20年にわたりタミフルが独占してきた市場で韓国製薬会社の競争が激しくなる見通しだ。

最終更新:6/28(水) 11:08
聯合ニュース