ここから本文です

藤原啓治、声優復帰作が発表!映画第1号は『スパイダーマン』アイアンマン<本人コメントあり>

6/28(水) 7:00配信

シネマトゥデイ

 今月16日に病気療養のための休養から復帰し、仕事を再開することが伝えられた声優・藤原啓治の映画復帰第1号作が、『スパイダーマン:ホームカミング』(8月11日全国公開)になることが発表された。同作で藤原はトニー・スターク(=アイアンマン)役の日本語吹き替えを担当。彼の代表役ともいえるキャラクターでの復活に、藤原は「再び、演じられて嬉しいに決まってるよー! ウソじゃないよー!」と喜びを明かした。

【映像】藤原啓治さんの声が入った『スパイダーマン:ホームカミング』吹き替え版予告編

 『スパイダーマン:ホームカミング』は、15歳の高校生ピーター・パーカー(演:トム・ホランド)が、アイアンマンに導かれ、真のヒーローになっていく成長と奮闘の物語。これまでの『スパイダーマン』シリーズとは異なり、アイアンマンやキャプテン・アメリカなど、ほかのマーベルヒーローたちと世界観を共有する「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」にスパイダーマンに本格参戦する作品としても注目を浴びている。

 藤原は『アイアンマン』シリーズの第1作でトニー・スタークの声を務めて以来、同キャラクターを演じた俳優ロバート・ダウニー・Jrの吹き替え声優として活躍してきた。それだけに、今作での復帰に彼自身としても喜びはひとしおのよう。藤原は「今回は師匠としての部分もですけど、父親的な役回りもあると思います。これまでのトニーには皆無な部分ですから、そこは楽しんで演じました」とアフレコを振り返るとともに、「(日本語版吹き替え版を楽しみにしているファンには)楽しみにし続ける事を強く望むものである」と呼び掛けていた。

 主人公ピーター・パーカーの日本語吹き替え版声優は、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に続き、榎木淳弥が担当。マイケル・キートンが演じる本作最大の敵・バルチャーの声は、アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズのナレーションなどで知られる大川透に決定した。そのほか、ジョン・ファヴロー演じるトニー・スタークの秘書ハッピー・ホーガン役は大西健晴、ピーターの親友ネッド役は吉田ウーロン、本作のヒロイン・ミシェル役は真壁かずみ、メイおばさん役は安藤麻吹、学校一の美少女リズの声は美山加恋がそれぞれ吹き替える。またキャプテン・アメリカの声は、『キャプテン・アメリカ』シリーズ同様に中村悠一が続投している。(編集部・井本早紀)

1/2ページ

最終更新:6/28(水) 7:00
シネマトゥデイ