ここから本文です

「ウソじゃないよー!」 映画「スパイダーマン」、アイアンマン役の声優は藤原啓治が続投

6/28(水) 7:10配信

ねとらぼ

 映画「スパイダーマン:ホームカミング」(8月11日公開)の日本語吹き替えキャストが発表となり、日本語版予告も公開されました。トニー・スターク(アイアンマン)役には、先日声優復帰を発表した藤原啓治さんの続投が決定。同作が藤原さんの復帰第1作目の映画となります。

【画像】新スパイダーマンのビジュアル

 ヒーロー気取りの高校生ピーター・パーカーがスパイダーマンとなり、アイアンマンに導かれて真のヒーローへと成長する姿が描かれる同作。主人公のピーター(スパイダーマン)役を、「カードファイト!! ヴァンガードG」の綺場シオン役、「活撃 刀剣乱舞」の堀川国広役などを担当した榎木淳弥さん。さらに、最大の敵となるバルチャー役は「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のラスタル・エリオン役で知られる大川透さん、ピーターの通う学校一の美少女リズ役は、子役から活躍している女優の美山加恋さんに決定。キャプテン・アメリカ役は中村悠一さんが務めます。

 2016年8月から病気療養のため活動休止していた藤原さんですが、2017年6月に自身が代表を務める「AIR AGENCY」を通して、体調を考慮しつつ仕事を再開していくことを発表。映画「アイアンマン」以降、トニー・スターク役のロバート・ダウニー・Jrの吹き替えで親しまれていたこともあり、本格復帰を期待する声もあがっていたところでした。

 藤原さんは、配役が決まったことについて、「再び、演じられてうれしいに決まってるよー! ウソじゃないよー!」と大喜びの様子。また、「楽しみにし続ける事を強く望むものである」と日本語吹き替えを楽しみにしているファンへ向けてコメントしています。榎木さんは「主役ということは作品のクオリティーにも大きく関わってくるので、プレッシャーは大きかった」と苦悩を明かしつつ、演じるにあたって瑞々しさを表現できるよう意識し、「精一杯頑張りました!」とコメント。「本当のヒーローへと成長していく姿を楽しんで頂けたら嬉しいです」とアピールしています。

●発表された日本語吹き替え版声優(順不同・敬称略)

スパイダーマン:榎木淳弥

アイアンマン:藤原啓治

バルチャー:大川透

ハッピー・ホーガン:大西健晴

ネッド:吉田ウーロン太

ミシェル:真壁かずみ

メイおばさん:安藤麻吹

リズ:美山加恋

キャプテン・アメリカ:中村悠一

(C)Marvel Studios 2017. c2017 CTMG. All Rights Reserved.

最終更新:6/28(水) 7:10
ねとらぼ